やんゆるゆん

ギル様の黄金律にあやかりたいっ…!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第57回RSP inお台場  田辺三菱製薬 フルコートf


第57回RSPの報告その3です
田辺三菱製薬 フルコートf

RIMG0806_convert_20170602012734.jpg

昔からお世話になっているお薬で、使い慣れてはいるものの
今回詳しくお話をうかがうことが出来ました。

RIMG0715_convert_20170602012657.jpg

症状や年齢に合わせた3種類

RIMG0710_convert_20170602012633.jpg

かゆみや炎症の様な皮膚トラブルは、誰でも経験したことがあるものの、
風邪などに比べ、病院に行くのをためらってしまいがちです。

ただ、市販薬を使う場合、何をどの様に使えばいいのか
よくわかっていなかったような気がします。

RIMG0810_convert_20170602012814.jpg

赤み、かゆみ、腫れといった症状を、爪で掻いたりすることで
さらに症状を悪化させ 完治を遅らせる事のないようにするには
初期にきちんとした対策をすることが必要です。

RIMG0818_convert_20170602012924.jpg

そこでよく聞くのが『ステロイド』という言葉。

RIMG0822_convert_20170602013010.jpg

何となく 「ステロイド=強い薬」 というイメージがあり
いきなり使っていいものなのかと考えてしまうこともあります。

しかし、フルコートfのような強い抗炎症作用を持つ薬は、
炎症をすみやかに抑え、かゆみなどの症状を鎮めるため
初期に正しく使えば、一気に治すことが出来るのだそうです。

ただし使用期間は1週間がめど。
予防になるからと使ったり、習慣的に使ったりせず、
治らない場合は、病院へ行きましょう。

RIMG0824_convert_20170602013033.jpg

また、年齢や症状に合わせ3つのタイプが用意されています。
使い分けをすることも大切です。

RIMG0828_convert_20170602013117.jpg

季節の変わり目や外的刺激で肌にトラブルがおきた時
正しい知識を持って素早く炎症を抑えられる薬を知っておくことは
セルフメディケーションを行って行く上で大切なことです。

『フルコートf』の様なピンポイントで効き目を発揮する薬は
常備しておくと安心な一本と言えそうです。
スポンサーサイト
  1. 2017/06/04(日) 02:17:58|
  2. イベント
  3. | コメント:0
<<第57回RSP inお台場  AGF 〈ブレンディ〉挽きたてプレミアムブラック | ホーム | 第57回RSP inお台場  森永乳業 毎朝爽快>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。